【遊戯王】「邪神アバター」三邪神の一体であり、三邪神共通の召喚制限と相手の魔法・罠カードの発動を封じる誘発効果、フィールドの全てのモンスターの攻撃力を凌駕する攻撃力・守備力を得る永続効果

 

 

《邪神アバター/The Wicked Avatar》
効果モンスター
星10/闇属性/悪魔族/攻 ?/守 ?
このカードは特殊召喚できない。
自分フィールドのモンスター3体をリリースした場合のみ通常召喚できる。
(1):このカードが召喚に成功した場合に発動する。
相手ターンで数えて2ターンの間、相手は魔法・罠カードを発動できない。
(2):このカードの攻撃力・守備力は、「邪神アバター」以外の
フィールドの攻撃力が一番高いモンスターの攻撃力+100の数値になる。

 

 Vジャンプ(2007年2月号) 付属カードで登場した闇属性・悪魔族の最上級モンスター。
 三邪神の一体であり、三邪神共通の召喚制限と相手の魔法・罠カードの発動を封じる誘発効果、フィールドの全てのモンスターの攻撃力を凌駕する攻撃力・守備力を得る永続効果を持つ。

 このモンスターの最大の特徴にして強みは、常にフィールドにおける最強の攻撃力を上回り続ける規格外のステータスである。
 ステータスは処理の最後に数値が算出される永続効果により決定するため、他のカードによる攻守の増減効果を一切受けない。
 また、ダメージ計算時にモンスターが強化されている場合でも、それをさらに上回る攻守となる。
 そのため、自身の効果を無効にされない限り他のモンスターに戦闘破壊されることはまずなく、戦闘に関しては全モンスター中でも無比の強さを誇る。

 上記のように相手によるステータスの増減はもちろん、自分のカードであっても攻守の増減効果を無効にすることができる。
 《流星の弓-シール》等のデメリット効果のみを打ち消し、メリット効果のみを使用するというコンボも可能である。
 ステータス増減効果は自分のモンスターでも良いため、《巨大化》等で自分のモンスターを強化すれば、その攻撃力をコピーして、その2体で致死量の戦闘ダメージを与えることができる。
 また、戦闘で負けることがないという特性を生かしたサポートカードも有効である。
 《ジャンク・アタック》を装備させれば、自身の持つ戦闘の強さと相まって、安定したダメージを与えやすい。

 召喚後に発動する誘発効果により、3、4ターンの間、相手の魔法・罠カードを封じる。
 これにより相手の戦術を大きく拘束でき、このカードに対する除去もされにくくなっており、最上級モンスターでありながら間接的な除去耐性を持っていると言える。
 この封殺効果はこのカードがフィールドを離れても効果が持続されるが、《ブリザード・プリンセス》と違って誘発効果であるため、この効果に対して魔法・罠カードをチェーンできる点には注意。
 また、《輝光子パラディオス》、《ライトロード・ハンター ライコウ》等のモンスター効果を封殺できない点も弱点である。
 これらについては、《進撃の帝王》などのサポートカードで対処したい。
 自身の効果で魔法・罠カードを封殺しつつ《ハードアームドラゴン》や《神縛りの塚》で耐性を獲得すれば、他を寄せ付けない制圧力を発揮できる。

 強力な効果を持つが、3体のリリースを要する上に《死皇帝の陵墓》も使用できず、特殊召喚も不可能であるため、極めて重い。
 また、このカード単体では打撃力がないため、単体では《メタル・リフレクト・スライム》等の攻撃力より守備力が高い壁モンスターには対処する事ができず、自分からこのカードの攻撃力を上昇させるためのモンスターを召喚する必要がある。

 より安定性の高いものでは、《人造天使》や《天罰》とのコンボで特殊召喚できる《冥王竜ヴァンダルギオン》を軸とした【パーミッション】が挙げられる。
 他にも、《ダブルコストン》や《生者の書-禁断の呪術-》などを有し、展開が得意な【アンデット族】も悪くない。

 変わった所では【クリフォート】に隠し味として投入してみるのも面白い。
 《クリフォート・アーカイブ》を含む3体をリリースしてこのカードを召喚し、自身をバウンスすることで、(1)の効果を再利用できる。
 ややオーバーキル気味ではあるものの、【クリフォート】特有の物量とロックに任せた攻撃で相手を圧倒できるだろう。

このカードの攻撃力・守備力変動効果は、フィールドのモンスターにどんな攻撃力の変化があろうとこのカードの攻撃力・守備力を一番最後に計算し直す、という特殊なものである。
この永続効果が有効な状況下においては、基本的にいかなるモンスターの攻撃力も《邪神アバター》の攻守を超えることはない。
例えば、《オネスト》・《月鏡の盾》 の効果が発動した場合も、その後に攻撃力を計算し直される。
相手モンスターが《クリアー・バイス・ドラゴン》の場合や、《サイバー・オーガ・2》を使用、《メタル化・魔法反射装甲》を装備した場合などであっても無限ループ等は発生しない。
《メタル化・魔法反射装甲》等の効果が発動したモンスターは1度だけ、その時点のこのカードの攻撃力の値を自身にプラスする。
その後、再びこのカードの永続効果でそのモンスターの攻撃力を100上回った数値でダメージ計算をおこなう事になる。
つまり、相手、自分問わず、攻撃力の値を変動させるカードでこのモンスターの攻撃力を上回ることは不可能である。
このカードに《収縮》や《巨大化》等の元々の攻撃力・守備力数値変化カードは無意味となる。
→元々の攻撃力(守備力)参照
また、このカードの場合はその特殊な永続効果ゆえに《突進》等の元々の数値に干渉しない能力変動系のカードの効果すら受け付けない。
同様に、《BF-疾風のゲイル》などの効果による半減および固定化、《オシリスの天空竜》などの特殊な誘発効果も意味をなさない。
唯一永続効果が有効な場合において《邪神アバター》の攻守を上回る可能性があるのは、同一のタイミングで効果を処理する《邪神ドレッド・ルート》と《銀幕の鏡壁》である。
フィールドに攻撃力が最も高いモンスターとして《邪神ドレッド・ルート》が既に存在しているときに《邪神アバター》を召喚した場合は、《邪神アバター》の攻撃力・守備力は4100となる。
逆に《邪神アバター》がフィールドに存在する状態で攻撃力が最も高い《邪神ドレッド・ルート》を召喚した場合は、《邪神アバター》の攻撃力・守備力は2050となる。
これは、先に召喚されていたモンスターの効果の処理が先に行われるためである。
《邪神ドレッド・ルート》を超える攻撃力を持つモンスターが後から召喚された場合も《邪神アバター》と《邪神ドレッド・ルート》の効果を同じ順番で処理して攻撃力を再計算する。
なお《スキルドレイン》が破壊された等で同時に効果が適用された場合はFAQ参照。
《銀幕の鏡壁》の場合は、どちらが先にフィールドに存在していても、《銀幕の鏡壁》が最後に計算される。
2体の《邪神アバター》が存在する場合は「《邪神アバター》を除く、攻撃力が一番高いモンスター」をコピーするため、2体とも同じ攻撃力になる。
戦闘に関して、意外な抜け穴となるのが《超重武者ビッグベン-K》などの一部の超重武者。
これらは戦闘時に守備力を参照するため、超重武者の守備力が攻撃力を100より上回っている場合戦闘破壊される。
攻撃力が変動する効果は永続効果であるため、《スキルドレイン》適用中に召喚したとしても、その後で《スキルドレイン》を除去すれば攻撃力・守備力の変化は適用される。
真っ黒な球体という、ある意味インパクトの大きいイラスト。
原作ではこの黒い球体がフィールド上に存在する一番攻撃力が高いモンスターを模して姿を変えるという設定だった。
「球体が形を変えてモンスターになる」という性質を見るに、デザインは《ラーの翼神竜》の「スフィアモード」を元にしているのだろうか。
また、「太陽神と対をなす邪神」という設定から、皆既日蝕をイメージしているとも考えられる。
原作では完全に真っ黒ではなく、黒い球体の内部に影の様なものと瞳が浮かび上がっているイラストだった。
「アバター(Avatar)」とは、サンスクリット語で「地上に降臨した神の化身」の意味であり、インド神話で「神仏の化身」を意味する。
転じて、現在ではこの単語は「何らかの分身」等の意味も持っている。
いかなるカードの姿にも変化するこのカードには相応しい名前といえるだろう。
原作・アニメにおいて―
遊戯王Rで登場した、三体の幻神獣と対を成す存在である三邪神の一体。
《ラーの翼神竜》と同格の神であり、ピラミッド状の神々のランクの中で最高位を誇る。
初登場は「闇遊戯vs夜行」(1戦目)だが、この時は一部しか情報が明らかにされていない。
既にフィールドに存在していた《オシリスの天空竜》の「召雷弾」をランク差により無効とし、そのまま戦闘破壊したところでデュエルが中断した。
「海馬vs夜行」戦で再び登場し、この決闘で効果の全貌が判明。
相手融合モンスターの融合素材を特殊召喚できる罠カード《ジャンク・ディーラー》によって夜行のフィールドに揃えられた《青眼の白龍》3体を生け贄に召喚され、《青眼の究極竜》を戦闘破壊した。
次の夜行のターンで召喚された《邪神ドレッド・ルート》をコピーして攻撃力を4001ポイントにまで上昇させ、直接攻撃によって海馬を倒した。
「闇遊戯vs夜行」(2戦目)において三度登場。
召喚される前に《軍神ガープ》の攻撃力を上げるために手札から見せた後に、《増殖》によって3体に増やされた《テルスの羽トークン》を生け贄として召喚された。
《冥府の使者カイエン》を戦闘破壊し、《ユニオン・アタック》を用いた《冥府の使者ゴーズ》と《THE トリッキー》の連携攻撃をもはねのけて見せた。
更に夜行のメタルデビル・トークンに映った遊戯の姿になり、その姿で闇遊戯にとどめを刺そうとしたが、《光の護封剣》に阻まれた。
最終的には、効果を発動して攻撃力∞となり、更に魔法カード《神の進化》によって《邪神アバター》および《ラーの翼神竜》と同格にまで神のランクを引き上げた《オベリスクの巨神兵》と相殺した。
決着後は、邪神が倒された事で正気に戻った夜行の手で破り捨てられた。
攻撃名は「ダークネス+(変化したモンスターの攻撃名、またはその一部)」となっている。
(例:《オシリスの天空竜》(攻撃技名 超電導波 サンダー・フォース)に変化したときの攻撃名は「ダークネス・サンダーフォース」。)
ただし《邪神ドレッド・ルート》に姿を変えた時は、同じ三邪神であるためか攻撃名は変わらなかった。
原作でのテキスト及び効果は以下の通り。
《THE DEVILS AVATAR》
星10/ATTACK ?/DEFENCE ?
God over god.
Attack and defense point of Avatar equals to the point
plus 1 of that of the monster's attack point which has
the highest attack point among monsters exist on the field.
(日本語訳)
神を超える神。
アバターの攻撃力と守備力の値は、フィールドに存在するモンスターの中で
最も高い攻撃力を持つモンスターの攻撃力に1をプラスした数値に等しい。
テキストには無いが、三幻神同様に上級呪文は1ターンのみ受け付け、それ以外の効果を受けない耐性を備えている。
更にこのカードは《ラーの翼神竜》同様に神々のランクの中で最高位に位置付けられており、自身より下のランクの神の効果すらも受け付けない。
フィールドのモンスターの最大攻撃力が「∞」(加減算が不可能な数値)となった場合は、同じく攻撃力∞となる。
なお、《オベリスクの巨神兵》が効果を発動し、両者ともに攻撃力∞となった場合でも、そのままでは《邪神アバター》と相殺することは出来ない。
《オベリスクの巨神兵》の効果は「攻撃力を∞に上昇させ攻撃を行う」というものであり、格上の神である《邪神アバター》にはその効果自体が無効化されてしまうためである。
デュエルディスクにセットしていない状態ではカードテキストが《ラーの翼神竜》と同じく記載されていない状態だった。
召喚直後や他にモンスターがいない状況ではイラストの姿であるが、他にモンスターがいる場合は最高攻撃力を持つモンスターと同じ姿になる。
劇中では《オシリスの天空竜》・《青眼の究極竜》・《ロード・オブ・ドラゴン-ドラゴンの支配者-》・《邪神ドレッド・ルート》・《冥府の使者ゴーズ》・《THE トリッキー》・メタルデビル・トークン(武藤遊戯)・《オベリスクの巨神兵》と次々と姿を変えている。
遊戯王Rにおける三邪神とは、「三幻神が暴走した時、その力を抑止するためのカードとしてデザインされた」存在である。
このカードの場合は、全ての神が持つ「攻撃力を上昇させる効果」に対応し、その攻撃力を常に1ポイントだけ上回るデザインとなっている。
例え攻撃力がどれほどの数値になろうと戦闘でこのカードを上回る事がなく、神としてのランクも最高位であるため《オシリスの天空竜》や《オベリスクの巨神兵》の効果も通用しない。
唯一神のランクが同格である《ラーの翼神竜》に対しても、あちらの効果でライフを1ポイントだけ残して攻撃力に変換した状態で相対せばそのまま戦闘破壊して勝利に持ち込める。
(原作・Rのルールではバトルステップの巻き戻しがないので、《ラーの翼神竜》の攻撃宣言時にこのカードを特殊召喚させてやれば奇襲的に上記の状況に持ち込むこともできる。)
テキストにある通り、正に「神を超える神」という名に相応しいカードと言えよう。

http://yugioh-wiki.net/index.php?%A1%D4%BC%D9%BF%C0%A5%A2%A5%D0%A5%BF%A1%BC%A1%D5

 

 

個人的評価: 8.0/10