【遊戯王】「時械神サンダイオン」他の時械神とほぼ共通の効果、自分フィールドに1体しか存在できないルール効果、戦闘を行ったバトルフェイズ終了時にダメージを与える誘発効果

 

 

《時械神サンダイオン/Sandaion, the Timelord》
効果モンスター
星10/光属性/天使族/攻4000/守4000
このカードはデッキから特殊召喚できない。
(1):「時械神サンダイオン」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(2):相手フィールドにのみモンスターが存在する場合、
このカードはリリースなしで召喚できる。
(3):このカードは戦闘・効果では破壊されず、
このカードの戦闘で発生するお互いの戦闘ダメージは0になる。
(4):このカードが戦闘を行ったバトルフェイズ終了時に発動する。
相手に2000ダメージを与える。
(5):自分スタンバイフェイズに発動する。
このカードを持ち主のデッキに戻す。

 

 COLLECTORS PACK 2018で登場した光属性・天使族の最上級モンスター。
 他の時械神とほぼ共通の効果、自分フィールドに1体しか存在できないルール効果、戦闘を行ったバトルフェイズ終了時にダメージを与える誘発効果を持つ。

 他の時械神と異なり、リリース無しで召喚するには《ビッグ・ピース・ゴーレム》と同様の条件が要求される。
 その為他の時械神と違い先攻1ターン目に壁として召喚するには《フォトン・サンクチュアリ》や《時械巫女》でアドバンス召喚する必要がある。

 また、同名カードは1体までしか存在できない制約もある。
 (2)の効果の都合上あまり気になることではないが、《光神化》などで2体目を並べて効果ダメージを増やすといったことはできない。
 攻撃力0ではないため、《時械巫女》の効果でサーチ・リクルートできず、《クリッター》などにも対応しないため、サーチ手段が限られることも留意しておきたい。

 (3)の効果は、戦闘・効果破壊耐性と、お互いが戦闘ダメージを受けない効果。
 お互いが戦闘ダメージを受けないので、攻撃力4000というステータスの意義は戦闘破壊による除去を狙える程度となっている。
 一応、モンスター効果を無効にされても攻守4000という数値はそのままなので、壁としての信頼性は他の時械神よりも多少高い。

 (4)の効果は、戦闘を行ったバトルフェイズ終了時に2000の効果ダメージを与える効果。
 初期ライフの1/4を削れ、他にレベル10が存在すれば《超弩級砲塔列車グスタフ・マックス》につなぐことで4000のダメージも狙える。
 《時械神ミチオン》や《時械神ラフィオン》は状況次第ではより大きなダメージを見込めるが、こちらは相手の状況によらず2000のダメージとなるため、相手のライフが尽きてきた終盤で活用できる。

 他の時械神と異なり《スキルドレイン》に強い、というより寧ろ相性が良い。
 【スキルドレイン】や《スキルドレイン》採用軸の【列車】では攻撃力4000のアタッカーとして採用しても良いだろう。
 召喚権を使わない《Sin サイバー・エンド・ドラゴン》に比べると、こちらは《スキルドレイン》が無くとも固有効果により活用できるのが利点となる。
 《神縛りの塚》を併用できるデッキでも相性が良く、対象耐性に加え、戦闘破壊時の1000ダメージも狙える。

 手札1枚から手軽に出せる攻撃力4000のモンスターとしては、《RR-ラスト・ストリクス》から展開できる《No.77 ザ・セブン・シンズ》も存在する。
 あちらは相手モンスターの有無に関わらず出せるので取り回しは良いが、エクストラモンスターゾーンの空きが必要であったりエクストラデッキを圧迫する等のデメリットも有るので、それぞれを使い分けたい。
 《スキルドレイン》適用下ではあちらも問題なく使えるため【スキルドレイン】では併用しても良いだろう。

《禁じられた聖典》とのコンボで攻撃力4000による戦闘ダメージと効果ダメージの両方が狙える。
他の時械神同様に、「このカードはデッキから特殊召喚できない。」という召喚制限がある。
もっとも、仮にこのテキストがなかったとしても、他の時械神と違って高ステータスのこのモンスターをリクルートできる手段はかなり少ないので、あまり大きな影響ではない。
時械神の専用サポートである《無限光アイン・ソフ・オウル》はリクルート効果を持つが、こちらは召喚条件を無視することができる。
《閃光を吸い込むマジック・ミラー》を併用すればデッキへのバウンス効果は無効になる。
もっともダメージを与える効果も無効になるため、壁として居座れるという利点しかない。
モチーフは、ユダヤ教の伝承に伝えられる天使の一人「サンダルフォン」。
旧約聖書に登場する生命の樹(セフィロトの樹)のマルクト(王国)の守護天使でもあり、後述のアニメでもマルクトに位置していた。
他の時械神と異なり攻撃力4000のモンスターであるのは、サンダルフォンが圧倒的な巨躯を誇る存在だったことからか。
原作・アニメにおいて―
アニメ5D'sにおいてZ-ONEゾーンが使用した時械神の1体。
「遊星vsZ-ONE」戦にて登場し、《無限械アイン・ソフ》により攻撃力を0にして特殊召喚される。
遊星に直接攻撃するが、《シンクロン・キーパー》の効果で効果ダメージを無効にされた。
返しの遊星のターンにて《無限械アイン・ソフ》が墓地へ送られたことで攻撃力を4000に戻すが、《シューティング・クェーサー・ドラゴン》に破壊耐性を無効にされて相打ちになった。
その後、《究極時械神セフィロン》の効果で墓地から特殊召喚されたが、すぐに《究極時械神セフィロン》の戦闘破壊回避効果で除外された。
初登場時は他の時械神と比べてかなり大きなモンスターとして描かれていたが、《究極時械神セフィロン》の効果で特殊召喚された時は他の3体と同じサイズになっていた。
また、攻撃時には肩の鎧から光球を撃ち出し、効果発動時には光の剣を投げつけていた。
Z-ONEが使用する時械神の中で特別な召喚条件を持つ《究極時械神セフィロン》を除くと、このカードのみ攻撃力・守備力が0ではなく4000であった。
アニメではバーンダメージが4000であり、4000ライフ制のアニメにおいては正に必殺のバーン性能であった。
こうした固定値のバーン能力はOCG化の際には8000ライフ制に合わせて増量する例が多いが、4000ダメージでも莫大すぎるためか、逆に半減(ルール相対的には1/4の弱体化)している。
また、他の時械神同様に相手に戦闘ダメージを与えることもできた。
一方でリリース軽減効果はこのカード自体に内蔵されたものではなく上記の《無限械アイン・ソフ》の効果であり、フィールドへの出しやすさで言えば大きく強化されている。

http://yugioh-wiki.net/index.php?%A1%D4%BB%FE%B3%A3%BF%C0%A5%B5%A5%F3%A5%C0%A5%A4%A5%AA%A5%F3%A1%D5

 

個人的評価: 9.1/10