【遊戯王】「サイバー・ドラゴン」半上級モンスターであり、自身を手札から特殊召喚する召喚ルール効果

 

 

《サイバー・ドラゴン/Cyber Dragon》
効果モンスター
星5/光属性/機械族/攻2100/守1600
(1):相手フィールドにのみモンスターが存在する場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。

 

 CYBERNETIC REVOLUTIONで登場した光属性・機械族の上級モンスター。
 半上級モンスターであり、自身を手札から特殊召喚する召喚ルール効果を持つ。

 下級モンスターの攻撃力の基準とされる攻撃力2000のラインを超え、特殊召喚の条件を満たすのも容易である。
 光属性・機械族のため、《オネスト》・《リミッター解除》等のサポートも受けられる。
 墓地でも《オーバーロード・フュージョン》やカオスモンスター等のコストとして利用可能。

 単体での攻撃力も高くアタッカーとして利用できる他、特殊召喚しやすい高レベルモンスターとして、各種素材やリリース要員にも使いやすい。
 特にエクシーズ素材としては、光属性指定の《セイクリッド・プレアデス》と機械族指定の《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》の両方に対応し、シンクロ素材としてもカラクリシンクロモンスターに繋げられるため、使い道は広い。
 《エマージェンシー・サイバー》でサーチ可能なため、1ターン目は難しいが、それ以降では安定して出しやすい。

 《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》の召喚条件であるため、【機械族】へのメタカードとしてサイドデッキへの採用も見込める。
 【機械族】でなくとも、《発条機雷ゼンマイン》・《A・O・J カタストル》等汎用性が高い機械族モンスターは数多い。
 《DNA改造手術》で表側表示で存在するモンスターを機械族に変更すれば、墓地へ送ることのできないペンデュラムモンスターなどを除いたほぼあらゆるモンスターを融合素材として墓地へ送ることができる。
 ただし、相手にも同じ事をされる危険があるため、このカードをフィールドに残したまま相手にターンを渡すのはリスクが伴い、特に機械族と並べてフィールドに残すことは避けなければならない。
 現在ではエクストラデッキの枚数制限から《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》を採用しないデッキも多いが、それでもノーコストで除去と特殊召喚をされてしまっては目も当てられない。

 【サイバー・ドラゴン】ではキーカードであり、《サイバー・ツイン・ドラゴン》・《サイバー・エンド・ドラゴン》・《キメラテック・オーバー・ドラゴン》の融合素材でもある。
 自身が特殊召喚しやすいことから、《融合呪印生物-光》と並べてこれらの融合モンスターを特殊召喚しても良い。
 《サイバー・ドラゴン・ズィーガー》のリンク素材でもあり、単独では戦闘ダメージを与えられないものの、攻撃力4200のアタッカーを容易にリンク召喚できる。
 《キメラテック・オーバー・ドラゴン》は《オーバーロード・フュージョン》による特殊召喚が可能であり、【機械族】関連のデッキに切り札として忍ばせておくのも手。
 《アタック・リフレクター・ユニット》・《フォトン・ジェネレーター・ユニット》のトリガーにも必要なカードであり、他にも《アーマード・サイバーン》・《エヴォリューション・バースト》と多くの専用サポートカードを有する。
 《サイバー・ドラゴン》として扱う関連カードこそ増えたが手札・デッキ・除外ではカード名が変わらないため、手札融合・デッキ融合・除外融合を使う際は依然として重宝される。
 一部のモンスターに《機械複製術》を使うとリクルートでき、手札に来ても腐りにくいため複数枚採用も苦にならない。

この特殊召喚効果はモンスター効果の発動を伴わない特殊召喚であり、《インヴェルズ・ローチ》や《昇天の黒角笛》、《神の宣告》等には無効にされる。
逆にモンスター効果の発動ではないので、《天罰》等には無効にされない。
環境において―
このカードの存在は、【スタンダード】同士の対戦における「先攻絶対有利」の常識を覆した。
通常召喚したモンスターにより相手モンスターを除去し、このカードでダイレクトアタックを行う戦術は攻撃を通しやすく、切り返すにも攻撃力2100以上が必要になり返しにくいので【スタンダード】の派生系である【アサイバー】・【サイカリバー】はこのコンセプトに従って構築されたデッキである。
また、アタッカーの基準値となる「攻撃力2100」のラインを根付かせることにもなった。
過去に頭一つ抜けた攻撃力を持つ《怒れる類人猿》や《ヂェミナイ・エルフ》が規制されなかったように、このカードも長きに渡り制限改訂の規制強化を免れてきた。
《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》の登場など、《サイバー・ドラゴン》自体に規制をかけることなく、パワーバランスを整えようとしている傾向も一時はあった。
実際、登場後には【スタンダード】など安定感を重視したデッキにおいて《サイバー・ドラゴン》が採用されないケースが増えた。
その後シンクロ召喚が登場し、非常に扱いやすいシンクロ素材として重用されるようになったため、08/03/01の制限改訂において準制限カードに指定、その半年後の08/09/01には遂に制限カードになった。
その後は互換的な能力を持つ《ビッグ・ピース・ゴーレム》・《バイス・ドラゴン》・《太陽の神官》等や、《サイバー・ドラゴン》として扱う《サイバー・ドラゴン・ツヴァイ》が登場し、ますます制限緩和への道が遠のいたと思われた。
制限カード期には【サイバー・ドラゴン】の構築が著しく困難になっていた。
【機械族】では《未来融合-フューチャー・フュージョン》で《キメラテック・オーバー・ドラゴン》を指定することが難しくなり、その一方で《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》の脅威が減ることにもなっていたなど、このカードが与えていた影響が計り知れないことが窺える。
10/03/01にて準制限カードに降り、半年後の10/09/01で制限解除された。
機械族サポートカードが大幅に増えた時期であり、それに対するメタとして、《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》を想定したとも考えられる。
現在は相互互換とも言える《フォトン・スラッシャー》の登場により、デッキに応じた使い分けが行われている。
更に単純な戦闘能力なら上位互換と言える《暗黒騎士ガイアロード》が登場したが、種族・属性・専用サポートによって十分な差別化が為されている。
【機械族】でもエースアタッカーとして愛用されたが、《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》の登場後は使用タイミングが極めて難しいモンスターとなった。
現在では採用率は下がったが、《ダーク・フラット・トップ》や《カラクリ大将軍 無零怒》のシンクロ素材には有用で、【ジャイアント・ボマー・エアレイド】や【カラクリ】で使用されている。
汎用性の高い機械族に対処できる《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》は現在はどちらかというと【機械族】の持ち味になっている。
「相手フィールドにモンスターが存在し、自分フィールドにモンスターが存在しない」という条件の開祖である。
このカードの登場以降、同様の召喚条件や発動条件を持つカードが増えてきている。
このカードを含め、アニメや漫画ではこの条件を「相手フィールドにのみモンスターが存在する場合」と説明しているシーンが散見される。
長らくテキストに大きな変化がなかったこのカードも、STARTER DECK(2017)にて「相手フィールドにのみモンスターが存在する場合」とエラッタされた。
かつてはその高い汎用性と入手のし辛さ故に、かなり高価なカードだった。
必須カード扱いされていた事も相まってプレイヤー泣かせのカードだったが、デュエリストパック-ヘルカイザー編-を皮切りに入手しやすいように数多く再録されていった。
そして現在、再録回数はアニメGX以降に登場したカードの中でもトップとなっている。
故にレアリティのバリエーションも全8種類と非常に多い。
このカードがどれだけの人気を誇っているかを実証していると言えるだろう。
ACADEMY DUEL DISK封入のこのカードは、黒光りする《サイバー・ドラゴン》が描かれたイラスト違い仕様となっており、同商品では「シャドウバージョン」と呼称されている。
また、Vジャンプ(2008年6月号)はDUEL TERMINAL対応の「シャドウバージョン」が付録である。
ストラクチャーデッキ-機光竜襲雷-では2枚封入されているこのカードのうち1枚がシャドウバージョンとなっている。
同時期に登場した「エド・フェニックス仕様」の《E・HERO フェザーマン》などと異なり、シャドウバージョンの《サイバー・ドラゴン》そのものがアニメに登場したことはない。
融合体ともども、「ヘルカイザー亮vsマスター鮫島」戦における《サイバー・シャドー・ガードナー》を意識したものであろう。
ストラクチャーデッキ-マシンナーズ・コマンド-付属のデッキ強化の解説においてEXPERT EDITION Volume.4の欄にこのカードが紹介されているが、このカードは元々ストラクチャーデッキに収録されている上、発売当時は制限カードであったためデッキに複数枚入れる事はできなかった。
しかし、10/03/01にて《サイバー・ドラゴン》が準制限カードに緩和された事により、この解説通りの追加が可能になった。
発売の時点で制限緩和が決定しており、それを前提とした記述だったと考える事もできる。
原作・アニメにおいて―
アニメGXで丸藤亮が使用する「サイバー流デッキ」の中核をなすカード。
アニメでは亮の最初の手札にはほぼ必ず《サイバー・ドラゴン》があり、いきなり3枚揃っている場合も珍しくなかった。
(逆にこのカードが1枚もない場合、《未来融合-フューチャー・フュージョン》が手札にあるか、サイバー・ダークが見事に揃っている)
攻撃名は「エヴォリューション・バースト」。
「十代vsカイザー亮」(1戦目)で初登場したが、当初の効果は特殊召喚ではなく、「生け贄なしで召喚する事ができる」というものであった。
また、登場した当初は背景が暗い紫色になっているのが確認できる。
「エドvsカイザー亮」戦からはOCGの効果に修正された。
攻撃方法は当初は口から火炎を吐いていたが、途中から光線になった。
「十代vsカイザー亮」(2戦目)において、十代はこのモンスターの存在から「カイザーは後攻を得意とする」と判断し、敢えて先攻を譲っている。
登場人物の使用モンスターが軒並み変更されている漫画版においても、丸藤亮は変わらずこのカードを使用している。
「万丈目vsカイザー亮」では装備魔法《サイバー・ローアー》を装備して《ダークエンド・ドラゴン》に攻撃するが、《スケイル・メイル》により戦闘破壊を防がれる。
最終的に《ボーン・フロム・ドラコニス》の効果で《サイバー・エルタニン》の特殊召喚のためのコストとして除外された。
この時の攻撃名は「エボリューション・バースト」。
アニメZEXALでは決闘庵の木像として設置されており、遊馬によって雑巾で磨かれていた。
アニメARC-Vの「遊矢vs沢渡」(1戦目)で沢渡が使用した魔法カード《リリース・トレード》のイラストに描かれている。

http://yugioh-wiki.net/index.php?%A1%D4%A5%B5%A5%A4%A5%D0%A1%BC%A1%A6%A5%C9%A5%E9%A5%B4%A5%F3%A1%D5

 

個人的評価: 7.2/10