【遊戯王】「亜空間物質転送装置」自分フィールドの表側表示モンスターを一定期間だけ除外する効果

 

 

《亜空間物質転送装置/Interdimensional Matter Transporter》
通常罠
(1):自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
その自分の表側表示モンスターをエンドフェイズまで除外する。

 

 ガーディアンの力で登場した通常罠。
 自分フィールドの表側表示モンスターを一定期間だけ除外する効果を持つ。

 モンスター除去に合わせて発動することで、それを回避するのが基本的な使い方。
 自分の《ブラック・ホール》等にチェーンして発動し、自分モンスターを守ることもできる。
 フィールドを離れた場合に効果が発動するモンスターとも相性が良く、《E・HERO アブソルートZero》や《地縛神 Aslla piscu》で任意の全体除去が可能。

 対象をとる除去は新たにチェーンされない限り回避できるが、対象をとらない単体除去の場合、他に除去できるカードがあるとそちらを除去してしまう。
 《地砕き》にこのカードをチェーンしても、自分フィールドに他のモンスターが存在する場合、そちらが破壊される事になる。
 その他、やや強引な使い方ではあるが、攻撃し終わったモンスターを除外し、《闇次元の解放》や《奇跡の光臨》などで即座に帰還させて追撃することも可能。

 新マスタールールではエクストラモンスターゾーンに存在するモンスターをメインモンスターゾーンに移動させる手段としても利用できる。
 《アルティマヤ・ツィオルキン》の様な蘇生や帰還ができず、尚且つエクストラデッキから特殊召喚するスペースが欲しいカードとは相性が良い。

 しかし、同様の用途にはコストで除外できる速攻魔法の《星遺物を巡る戦い》が存在し、相手フィールドにモンスターを要求することを除けば上位互換に近い。
 こちらもどのみち先攻1ターン目には使えないので、こちらはフィールドを空にされた相手の返しを受けられる点、モンスターを対象に取れる点、元々の攻撃力と守備力が0のモンスターに使用できる点で差別化したい。

一定期間だけ除外する効果の代表例として扱われているカードである。
ルールなどは「一定期間だけ除外」のページを参照。
多くのデメリットを打ち消せるが、逆にメリットを打ち消してしまう場合も多い。
例としては、「《ハ・デスの使い魔》の攻撃力上昇」「《ビークロイド・コネクション・ゾーン》の耐性」などがあげられる。
また、装備カードやエクシーズ素材も墓地へ送る事になるため、組み合わせるモンスターの選択には注意したい。
「亜空間」とは通常の物理法則が通用しないとされる想像上の空間で、SFなどで使われる。
原作・アニメにおいて―
「バトルシティ編」における「闇遊戯vs海馬」戦において海馬が使用。
《XYZ-ドラゴン・キャノン》を転送し、《オシリスの天空竜》の攻撃を回避した。
原作では「バトルステップの巻き戻し」が発生しないため、海馬への直接攻撃にも切り替わらなかった。
また、アニメ版では続く「海馬vs城之内」戦でも海馬が使用。
《時の魔術師》の効果が成功したときに発動し、《青眼の白龍》を守ることに成功している。
なお、この時は《時の魔術師》の効果処理直後に《青眼の白龍》が復帰したためフィールドががら空きにならず、結果として《千年竜》の直接攻撃も封じている。
原作・アニメでは(速攻)魔法カードで、イラストは望遠鏡などに近いようなものだった。
効果は「場のモンスターを別の場所に転送する(それが相手フィールド上でもかまわない)」というアバウトなものだったが、描写を見る限り攻撃の回避に使えるようだ。
なお括弧内の効果は使用された例はない。
遊戯王Rの「遊戯vsデプレ・スコット」戦においてデプレが使用。
カードはOCGと同じものになっており、自身の《ゼータ・レティキュラント》を対象に発動し、遊戯のサイレント・ソードマンの反撃を防いだ。
この時、フィールド魔法《コズミック・スペース》による効果はリセットされていない。
アニメ5D'sの「クロウvsブレイブ」戦にてブレイブの手札に確認できるのだが何故かセットされなかった。
また、続く「遊星vsハラルド」戦ではハラルドが1ターン目に通常罠《軍神の采配》と共に《極星天ヴァルキュリア》の効果の手札コストにしている。
恐らく、バウンスや除外に耐性を持たない極神を守るために2人とも投入していたのだろう。
ちなみにハラルドは他のカードを手札コストに当てる事もでき、《極神皇ロキ》でこのカードをサルベージする機会も2度あった。
このカードがあった場合結果は変わっていたため、上記のセットされなかった件も含めてデュエル上の都合というものであろう。
アニメ5D'sデュエリストボックス付属DVDの「遊星vsジャック」戦においてジャックが使用。
《レッド・デーモンズ・ドラゴン/バスター》を除外し戦闘破壊から守った。
この時はカードもルールもOCG仕様になっていたため、直接攻撃に切り替わっている。

http://yugioh-wiki.net/index.php?%A1%D4%B0%A1%B6%F5%B4%D6%CA%AA%BC%C1%C5%BE%C1%F7%C1%F5%C3%D6%A1%D5

 

個人的評価: 7.7/10