【遊戯王】「サイバース・クロック・ドラゴン」融合素材としたリンクマーカーの数に比例した墓地肥やしと自己強化を行う誘発効果、リンクモンスターが存在する限り、他のモンスターを守る永続効果、相手の効果によって墓地へ送られた場合に魔法カードをサーチできる誘発効果

 

 

《サイバース・クロック・ドラゴン/Cyberse Clock Dragon》
融合・効果モンスター
星7/闇属性/サイバース族/攻2500/守2000
「クロック・ワイバーン」+リンクモンスター1体以上
(1):このカードの融合召喚成功時に発動できる。
その素材のリンクマーカーの合計分だけ、
自分のデッキの上からカードを墓地へ送る。
次のターン終了時まで、他の自分のモンスターは攻撃できず、
このカードの攻撃力はこの効果で墓地へ送った数×1000アップする。
(2):自分フィールドにリンクモンスターが存在する限り、
自分フィールドの他のモンスターを、相手は攻撃・効果の対象にできない。
(3):融合召喚したこのカードが相手の効果で墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから魔法カード1枚を手札に加える。

 

 SOUL FUSIONで登場した闇属性・サイバース族の融合モンスター。
 融合素材としたリンクマーカーの数に比例した墓地肥やしと自己強化を行う誘発効果、リンクモンスターが存在する限り、他のモンスターを守る永続効果、相手の効果によって墓地へ送られた場合に魔法カードをサーチできる誘発効果を持つ。

 融合素材の片方にはリンクモンスターが指定されている。
 リンクモンスターは1体でも良いが、(1)の効果を考えると、リンクマーカーの合計がなるべく多くなるように融合素材を調達しておきたい。

 (1)は融合召喚に成功した時に素材の合計のリンクマーカーの数だけ自分のデッキを削り、攻撃力をその数×1000アップする効果。
 《サイバネット・フュージョン》をサーチできる《クロック・スパルトイ》を利用して融合召喚できる場合が多く、リンクマーカー2個は大抵得られる。
 【サイバース族】なら《トランスコード・トーカー》でリンク3以下を蘇生できる場合も多い。
 リンクマーカーの数×1000以上の攻撃力を持つリンクモンスターは少なく、融合素材よりも合計攻撃力が上がる可能性が高い。
 他のモンスターは攻撃できないが、全てリンク素材としてから融合素材に使い攻撃力を上げる補助としてもいいだろう。

 (2)は他のモンスターを攻撃対象、効果の対象にできなくする効果。
 条件が「リンクモンスターが自分フィールドに存在する事」であり、条件を満たすこと自体は難しくはない。
 しかし、耐性のないこのカードを対象とすることはできるので、先に除去される可能性が高い。
 《ハニーボット》等で相互に耐性を与えることで強硬な盤面を作ることができる。
 ただ、どちらも対象耐性のみなので、全体除去でまとめて処理される危険性が残る。
 リンクモンスターがフィールドに存在するなら、このカードの融合素材にして(1)の効果の攻撃力上昇に利用した方がいい場合も多い。

 (3)は、融合召喚されている状態で相手の効果によって墓地へ送られた場合に魔法カードをサーチできる効果。
 サーチ範囲が広いため、相手はバウンスや除外といった除去を用いて発動を阻止する可能性が高い。
 しかし、(1)の効果で攻撃力を大きく上げた場合、この効果を使われても攻撃を阻止したい場面も出てくるため発動機会はあるだろう。

《サイバネット・コーデック》と効果モンスター2体が存在していれば、召喚権を使っていても以下の手順でこのカードの攻撃力を16500にできる。
《サイバネット・コーデック》を発動した状態で《コード・トーカー》をリンク召喚
《サイバネット・コーデック》の効果で《マイクロ・コーダー》をサーチ、《マイクロ・コーダー》と《コード・トーカー》で《エンコード・トーカー》をリンク召喚
《サイバネット・コーデック》の効果で《サイバース・ガジェット》を、《マイクロ・コーダー》の効果で《サイバネット・オプティマイズ》をサーチ
《サイバネット・オプティマイズ》の効果で《サイバース・ガジェット》を通常召喚、《マイクロ・コーダー》を蘇生
《サイバース・ガジェット》と《マイクロ・コーダー》で《クロック・スパルトイ》をリンク召喚、効果で《サイバネット・フュージョン》をサーチ
ガジェット・トークンでリンク1をリンク召喚
リンク1モンスターと《クロック・スパルトイ》で《トランスコード・トーカー》を《エンコード・トーカー》の下のモンスターゾーンにリンク召喚、《サイバネット・コーデック》の効果で《ドットスケーパー》をサーチ
《トランスコード・トーカー》の効果でリンクモンスターを蘇生
蘇生したリンクモンスターと《エンコード・トーカー》で《ファイアウォール・ドラゴン》を《トランスコード・トーカー》の右のモンスターゾーンにリンク召喚
《トランスコード・トーカー》をリンク素材に《セキュア・ガードナー》をリンク召喚
《ファイアウォール・ドラゴン》の効果でサーチした《ドットスケーパー》を特殊召喚
《ドットスケーパー》をリンク素材に《トークバック・ランサー》をリンク召喚、《ドットスケーパー》を自身の効果で蘇生
《トークバック・ランサー》の効果で《セキュア・ガードナー》をリリースして《コード・トーカー》を蘇生
《トークバック・ランサー》と《コード・トーカー》で《エクスコード・トーカー》を《ファイアウォール・ドラゴン》の左のモンスターゾーンにリンク召喚(これでエクストラモンスターゾーンにモンスターが居なくなる)
チェーン1《ファイアウォール・ドラゴン》→チェーン2《サイバネット・コーデック》の順でチェーンを組み、《サイバネット・コーデック》の効果で《クロック・ワイバーン》をサーチし、《ファイアウォール・ドラゴン》の効果でそのまま特殊召喚
《クロック・ワイバーン》の効果でクロックトークンを特殊召喚し、これらと《ドットスケーパー》とで《パワーコード・トーカー》をリンク召喚、《サイバネット・コーデック》の効果で《デグレネード・バスター》をサーチ
《パワーコード・トーカー》と《デグレネード・バスター》でリンク4をリンク召喚
《ファイアウォール・ドラゴン》の効果で《クロック・ワイバーン》を手札に戻し、《サイバネット・フュージョン》を発動
フィールドのリンクモンスター全てと墓地のリンク3モンスターを融合素材にすれば攻撃力16500となる。
メインデッキ8枚、エクストラデッキ12枚と必要なカードは多いが【サイバース族】では必須級のカードが大半なので【サイバース族】では特に意識しなくても狙える。
とはいえ実際のデュエルでここまで攻撃力を上げる必要がある機会は少なく、手順9で《ファイアウォール・ドラゴン》の代わりに《エクスコード・トーカー》をリンク召喚して、《サイバネット・フュージョン》を発動しても11500までは到達し、相手の攻撃力3500以下の攻撃表示モンスターに攻撃すれば1ターンキルできる。
公式Twitterで公開された融合召喚軸の【サイバース族】デッキレシピでは、こちらの攻撃力11500に達する手順と同じものがそのまま図で紹介されている。
融合素材が指定されているため、融合素材代用モンスターを使用できる。
特に、《パラサイト・フュージョナー》を《ファイアウォール・ドラゴン》や《鎖龍蛇-スカルデット》の効果で特殊召喚することで、即座に融合召喚が可能。
また、このカードの登場により、融合素材代用モンスターと《超融合》とのコンボで、全リンクモンスターを除去することが可能になった。
たとえ相手のエクストラリンクが成立していても、全て融合素材として処理し、高攻撃力となったこのカードで逆転も狙える。
文字数が多いためか、いくつかのテキストが簡略化されている。
「融合召喚成功時に発動できる」とあるが、これは「融合召喚に成功した時に発動できる」と同義語であり、チェーン2以降で融合召喚するとタイミングを逃す裁定である。
同パックで登場した《ダイプレクサ・キマイラ》共々、初のサイバース族融合モンスターである。
また、これらの融合モンスターはリンクモンスター以外でエクストラデッキに存在できる初のサイバース族モンスターでもある。
リンクマーカーに関する効果を有する初の融合モンスターである。
ステータスや《サイバース・〇〇》というカード名、(2)(3)の効果など《サイバース・マジシャン》との類似点が多い。
なお、イラストは融合素材に指定している《クロック・ワイバーン》に類似性がある。

http://yugioh-wiki.net/index.php?%A1%D4%A5%B5%A5%A4%A5%D0%A1%BC%A5%B9%A1%A6%A5%AF%A5%ED%A5%C3%A5%AF%A1%A6%A5%C9%A5%E9%A5%B4%A5%F3%A1%D5

かっこいい