【遊戯王】「毒蛇神ヴェノミナーガ」自分の墓地の爬虫類族の数だけ攻撃力を自己強化する永続効果 効果の対象にならず効果を受けない永続効果 戦闘破壊され墓地へ送られた時に爬虫類族を墓地コストに自己再生できる誘発効果 戦闘ダメージを与えた場合にハイパーヴェノムカウンターを置く誘発効果 ハイパーヴェノムカウンターが3つ乗った時に特殊勝利する効果外テキスト

 

 

《毒蛇神ヴェノミナーガ》

効果モンスター
星10/闇属性/爬虫類族/攻 0/守 0
このカードは通常召喚できない。
「蛇神降臨」の効果及びこのカードの効果でのみ特殊召喚できる。
このカードの攻撃力は、自分の墓地の爬虫類族モンスターの数×500ポイントアップする。
このカードはフィールド上で表側表示で存在する限り、
このカード以外のカードの効果の対象にならず、効果も受けない。
このカードが戦闘によって破壊され墓地へ送られた時、
このカード以外の自分の墓地の爬虫類族モンスター1体をゲームから除外する事で、
このカードを特殊召喚する。
このカードが相手ライフに戦闘ダメージを与えた時、
このカードにハイパーヴェノムカウンターを1つ置く。
このカードにハイパーヴェノムカウンターが3つ乗った時、
このカードのコントローラーはデュエルに勝利する。

 

 TACTICAL EVOLUTIONで登場した闇属性・爬虫類族の特殊召喚モンスター。
 《毒蛇王ヴェノミノン》の能力を遥かに凌駕する上位種であり、召喚条件の他に以下の5つの効果を持つ。

自分の墓地の爬虫類族の数だけ攻撃力を自己強化する永続効果
効果の対象にならず効果を受けない永続効果
戦闘破壊され墓地へ送られた時に爬虫類族を墓地コストに自己再生できる誘発効果
戦闘ダメージを与えた場合にハイパーヴェノムカウンターを置く誘発効果
ハイパーヴェノムカウンターが3つ乗った時に特殊勝利する効果外テキスト
 このモンスターの召喚条件として、《毒蛇王ヴェノミノン》が破壊された時に罠カードの《蛇神降臨》を発動する必要がある。
 《毒蛇王ヴェノミノン》は最上級モンスターだが、《ダメージ=レプトル》・《ダメージ・コンデンサー》でデッキから特殊召喚でき、意識してデッキを動かせば意外と特殊召喚は容易である。
 特に《リミット・リバース》とは相性が良く、相手ターンに蘇生した後に自分のターンで守備表示にすれば能動的に破壊でき、《蛇神降臨》のトリガーになれる。

 あらゆる効果を受けない耐性を持つため、戦闘破壊以外の方法での除去手段は限られる。
 攻撃力の上昇する割合も中々であり、爬虫類族を十分に墓地に溜め込んでいれば、その強固な耐性と攻撃力によって一気に相手を追い詰めることができる。
 例え戦闘破壊されたとしても墓地から自己再生できるため、返しのターンで反撃することも十分に可能である。
 《スネーク・レイン》・《ヴェノム・ショット》・《メタモルポット》・《魔導雑貨商人》・《手札抹殺》等を駆使して爬虫類族を高速で墓地へ送れば安定して高い攻撃力を得られる。

 ただし攻撃力の高いモンスターが頻繁に現れるようになった昨今では、2500~3500程度の攻撃力でも戦闘破壊される可能性は高い。
 何度も戦闘破壊されると効果によって墓地の爬虫類族を除外され尽くされてしまうため、墓地が肥えていないときは警戒する必要がある。
 特に多くのデッキで採用されている《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》は脅威であり、墓地の爬虫類族が9体以下の状況では自己再生すら封じられ、除去されてしまう。

 また《E・HERO ワイルドジャギーマン》や《究極恐獣》等の高攻撃力で全体攻撃を行うモンスターに対しても、自己再生が実質的に無意味になるので天敵である。
 特に《ZW-阿修羅副腕》を装備した《CNo.39 希望皇ホープレイ・ヴィクトリー》は、このカードの攻撃力が幾らであろうとも必ず戦闘破壊される上に自己再生も意味を成さなくなる。
 その他、《邪神アバター》等の自身の効果のみでは対処できない規格外の戦闘能力を持つモンスターも厄介。
 このカードの攻撃力を加算する《月鏡の盾》を装備したモンスターも単独では対処できない。
 こういったモンスターに戦闘破壊され、なおかつそのモンスターをうまく処理できない状況では、自己再生を使っても墓地アドバンテージを失うだけなので控えた方が良いこともある。

 また、こちらの墓地の爬虫類族に干渉されて攻撃力が下がるケースも考えられる。
 《イビリチュア・マインドオーガス》や《魂の解放》を使われると一気に弱体化してしまい容易に戦闘破壊されてしまう。
 《レインボー・ネオス》や《アンデットワールド》、《ヘル・テンペスト》といったカードは最悪の相性であり、攻撃力が0になる上に自己再生すら発動不可能になり、機能しなくなる。
 《次元の裂け目》や《マクロコスモス》等の全体除外系に関しては、このカードが出る前に発動されると詰みかねないが、先に出してしまえば何とかなることも多い。

 全モンスターの中でも最高位の耐性を持つが、戦闘破壊以外の除去手段も存在する。
 《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》や《ラーの翼神竜-球体形》、壊獣等の、効果ではなくコストとしてこのカードを処理できるものには無力である。
 また、《アポクリフォート・キラー》や《痛み分け》などの、相手プレイヤーにリリースや墓地送りといった行為を強要できるカードにも除去される。
 さらに、除去関連以外にも、《No.54 反骨の闘士ライオンハート》や《ディメンション・ウォール》など、こちらの攻撃力を利用してダメージを与えるカードも苦手であり、高攻撃力にした分だけ大ダメージを喰らう羽目になる。
 特に《ダイガスタ・スフィアード》を使ってくる【ガスタ】を相手にした場合は逆1ターンキルを喰らいかねない程のダメージを受けることもある。

 《スキルドレイン》との関係は使用の際には注意しておきたい。
 このカードが既にフィールドに存在する状況で発動された場合は、このカード自身の耐性により一切の影響を受けない。
 一方でこのカードが特殊召喚される前に発動済みの場合、「効果を受けない」という永続効果自体が無効になるため耐性も戦闘能力も全て無になる。
 ただ墓地で発動する自己再生効果は使用可能のため、守備表示で出し続けて壁にすることは一応できる。

 当然とも言えることだが、特殊召喚そのものを封じられては出すこと自体できなくなる。
 《神の警告》・《大天使クリスティア》等は《蛇神降臨》・自己再生の両方を封じられてしまう。
 耐性はあくまでもフィールドに存在する場合でしか適用されないので、墓地で発動する自己再生効果は比較的妨害されやすい。
 《死霊騎士デスカリバー・ナイト》や《天罰》といったモンスター効果に対するカウンターや、《エンド・オブ・アヌビス》や《深淵に潜む者》といった墓地発動を封じるカードにも復活を阻止されてしまう。

 ハイパーヴェノムカウンターで特殊勝利できる効果も持つが、これが勝利の決め手になることはあまり多くない。
 相手がこのカードを処理できない場合は守勢に回るためモンスター同士の戦闘ダメージが生じにくく、直接攻撃を喰らわせればカウンターが3つ乗る前に相手のライフが尽きる場合が多い。
 とは言えライフを削りきれない状況などではこの効果が活きるので、持ってて困る効果では決してない。

「「蛇神降臨」の効果及びこのカードの効果でのみ特殊召喚できる。」というテキストだが、このモンスターを特殊召喚する正規の手順は《蛇神降臨》のみであり、このカードの効果による特殊召喚は正規の手順ではないという裁定が出ている。
つまり、《青天の霹靂》で特殊召喚した場合は戦闘破壊されても蘇生制限に引っかかるため、このカードの効果による特殊召喚はできない。
《スターダスト・ドラゴン/バスター》にも同様の裁定が出ており、蘇生制限を満たした場合、自身の効果でのみ特殊召喚できるモンスター特有の裁定だと思われる。
「このカード以外のカードの効果の対象にならず、効果も受けない。」の意味は
対象をとる効果の対象とならず、その効果を受けない。
対象をとる効果の対象とならず、対象をとらない効果であっても、その効果を受けない。
という二通りの意味で取れるが、後者の解釈が正しい。
「対象にする事はできず」が一見蛇足の様に見えるが、対象には取るもののモンスターに直接影響を与えない効果で対象にされることはない。
このため、《RR-ライズ・ファルコン》等に攻撃力を参照されず、《ギャラクシー・クィーンズ・ライト》等で他のモンスターのレベルも変更できない。
自身以外の全てのカードの効果を受けない永続耐性を持った初のモンスターである。
また、対象耐性と全ての効果を受けない耐性を併せ持つものとしては現状唯一のモンスターである。
この耐性は原作効果の「神」をも凌駕する程であり、登場から時を経た今なお最強クラスの耐性を誇っている。
また、この耐性は登場からおよそ8年間はこのカードのみが持つものであったが、2015年に《合神竜ティマイオス》が登場して以降は同様の耐性を持つモンスターが時折登場する様になった。
カードの効果ではなくコストであるため、各種ウイルスでリリースすることができる。
とはいえ、このカードをコストとして使うのはいささか勿体無く、大体の場合は《毒蛇王ヴェノミノン》で事足りる。
ハイパーヴェノムカウンターが乗った状態で戦闘破壊され自己再生した場合、乗っていたハイパーヴェノムカウンターは消える。
元々の攻撃力は0なので、耐性を無視する《禁じられた聖典》を使用された場合も戦闘破壊される。
ただ自己再生は可能なので、1度使われる程度ならば止め以外で形勢をひっくり返される程では無い。
《ファントム・オブ・カオス》で耐性をコピーすることもできるが、1ターンのみなので効果は薄い。
《The tyrant NEPTUNE》ならば自己再生効果以外を丸々コピーでき、もう一体アタッカーをリリースすれば戦闘破壊される心配もほぼ無くなる。
ただしあちらは現在禁止カードである。
《青天の霹靂》で特殊召喚した場合、《青天の霹靂》の効果でデッキに戻る裁定が出ている。
ただし、《G・B・ハンター》とのコンボでフィールドに留まらせることが可能。
正規の特殊召喚と比べ手間は同等かそれ以上ではあるが、《毒蛇王ヴェノミノン》をデッキに採用する必要が無くなるためデッキタイプと相談したい。
「ヴェノム」の名を持たないため、海外と日本で矛盾を出さぬよう英語名に苦心の跡が見て取れる。
(名前に「venom」を含まぬよう「Vennominaga」と「n」が一つ多くなっている。)
初出のTACTICAL EVOLUTION版のテキストは当時のOCG最長であった342文字であり、当時のフォーマットもあって文字が非常に小さかった。
その後、DUELIST EDITION Volume 2にて再録された際に文章の細部が簡略化されたことで318文字に減り、同時にカードフォーマットが第8期仕様になったことで読みやすくなった。
登場から長い間OCG史上最長のテキスト量であったが、2016年に登場した《涅槃の超魔導剣士》によって記録が更新された。
なお、そちらはペンデュラム効果とモンスター効果の合計量で上回っているため、モンスター効果だけに限定すればこちらの方が長い。
テキスト全体で「このカード」という記述が合計11回も出てくる。
海外版Tactical Evolutionのこのカードは、最早肉眼での読解が困難な程にテキストが詰め込まれている。
Legendary Collection 2: The Duel Academy Yearsでの再録時にはテキストが多少短くなり、カードフォーマットが第7期仕様となったことで幾分読みやすくなっている。

http://yugioh-wiki.net/index.php?%A1%D4%C6%C7%BC%D8%BF%C0%A5%F4%A5%A7%A5%CE%A5%DF%A5%CA%A1%BC%A5%AC%A1%D5