【遊戯王】「銀河眼の光子竜」攻撃力2000以上のモンスター2体をリリースして特殊召喚できる召喚ルール効果、戦闘時相手モンスターと自身を一定期間だけ除外してそれがエクシーズモンスターだった場合、除外から戻る時に自己強化する一連の誘発即時効果

 

 

《銀河眼の光子竜》

効果モンスター
星8/光属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
(1):このカードは自分フィールドの
攻撃力2000以上のモンスター2体をリリースして
手札から特殊召喚できる。
(2):このカードが相手モンスターと戦闘を行うバトルステップに、
その相手モンスター1体を対象として発動できる。
その相手モンスターとフィールドのこのカードを除外する。
この効果で除外したモンスターはバトルフェイズ終了時にフィールドに戻り、
この効果でXモンスターを除外した場合、このカードの攻撃力は、
そのXモンスターを除外した時のX素材の数×500アップする。

 

 PHOTON SHOCKWAVEで登場した光属性・ドラゴン族の最上級モンスター。
 攻撃力2000以上のモンスター2体をリリースして特殊召喚できる召喚ルール効果、戦闘時相手モンスターと自身を一定期間だけ除外してそれがエクシーズモンスターだった場合、除外から戻る時に自己強化する一連の誘発即時効果を持つ。

 数多くのサポートカードを持つ、【ギャラクシー】の主軸モンスター。
 デッキからは《輝光帝ギャラクシオン》や《銀河遠征》による特殊召喚、《銀河の魔導師》によるサーチが可能。
 手札からは《銀河戦士》や《トレード・イン》で墓地へ送る事ができ、墓地からは《銀河騎士》や《銀河眼の雲篭》、《銀河零式》で蘇生できる。
 攻撃力3000の戦闘要員としてのみならず、ランク8のエクシーズ素材としても有用であり、デッキの軸として大いに活躍する。

 《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》や《ミンゲイドラゴン》などのサポートも受けられるので、【ギャラクシー】以外では重量級モンスターを多用するタイプの【ドラゴン族】でも採用を検討できるだろう。

 (1)の召喚ルール効果により自身を特殊召喚できるが、リリースするモンスターの条件が厳しくディスアドバンテージも大きくなる。
 上記の通り他の特殊召喚方法も豊富なので、この方法での特殊召喚を狙うのは1枚で召喚条件を満たせる《フォトン・サンクチュアリ》を使う時や攻撃力2000以上の相手モンスターをコントロール奪取している時くらいでよい。

 (2)は自身と相手モンスターを一定期間だけ除外して戦闘を回避できる効果で、効果を無効にされない限り戦闘破壊されることはない。
 これにより《A・O・J カタストル》や《N・グラン・モール》等、戦闘時の除去を回避したり、《オネスト》を使われる可能性がある時に光属性との戦闘を避けられる。
 ステータスが変化したモンスターや装備カードを装備したモンスターも除外する事でリセットできる。
 また、エクシーズモンスターを除外した場合はエクシーズ素材を失わせ、更に自身の攻撃力を強化できる。
 戦闘や効果に強い耐性を持つ《ガチガチガンテツ》・《発条機雷ゼンマイン》・《No.101 S・H・Ark Knight》・《No.39 希望皇ホープ》らには特に有効。
 なお上昇した攻撃力は再度除外するとリセットされる。

 さらに相手を除外する事ではなく、自身を除外する事による利点にも注目したい。
 相手モンスターと戦闘を行う場合であれば自身を除外して戦闘を回避できるため、《次元幽閉》等の攻撃反応型カードを不発にできる。
 同様に《リビングデッドの呼び声》や《忍法 超変化の術》などとの関係を断ち切る事や、《聖刻龍王-アトゥムス》《銀河零式》で特殊召喚して0になった攻撃力を元に戻すという使い方もできる。
 《禁じられた聖槍》の相性もよく、魔法・罠カードへの耐性を与えつつ、攻撃力がダウンしたところを戦闘破壊されずに済む。

(2)の効果について。
自身が戦闘を行うバトルステップ内に発動が可能な誘発即時効果で、これはまず第一に「攻撃宣言をした直後」、その後の「ダメージステップに入る前」の二つのタイミングで発動が可能である。
攻撃反応型の罠(《聖なるバリア -ミラーフォース-》・《魔法の筒》など)の発動にチェーンして発動できる。
攻撃宣言時にこの効果を発動した場合、攻撃反応型の罠をチェーンすることができる。
特にこの場合、攻撃が無効になっていてもお互いに存在するなら除外する。
攻撃宣言時に何も発動しない場合などで、「ダメージステップに入る前」のタイミングで発動できる。(攻撃反応型の罠のチェーンを防げる)
誘発効果がある場合、誘発効果だけでチェーンを組んだ後にこの効果を発動できる。
バトルステップの巻き戻し後に攻撃対象に選択された場合にも発動タイミングがある。
この効果は相手モンスター1体を対象にとる効果である。
効果処理時に対象のモンスターがフィールドを離れている場合、あるいはこのカード自身がフィールド上に表側表示で存在しないときは不発となる。
また、あくまでも対象にとるのは相手モンスター1体だけであり、このカード自身は対象にとらない。
相手の表示形式は関係なく、裏側守備表示のモンスターは裏側のまま除外する。
セットされたエクシーズモンスターを除外してエクシーズ素材が墓地へ送られても攻撃力増強の効果は適用されない。
除外後フィールドに戻ってくる処理について。
バトルフェイズ終了時、すなわちエンドステップに除外したお互いのモンスターをフィールドに戻す。
この戻す処理はチェーンブロックを作らず特殊召喚扱いではない。
除外後、いずれかのモンスターが除外ゾーンからいなくなっても残るもう一体はフィールドに戻す。
トークンは除外された時点で消滅し、罠モンスターはフィールドに戻った後墓地へ送られる。
エクシーズモンスターを除外した場合のこのカードの攻撃力増強はフィールドに戻るのと同時に適用される。
戻ってきたモンスターは、そのターン召喚・特殊召喚した、あるいは攻撃宣言していても表示形式変更の権利がある。
《ブラック・ガーデン》の影響下で攻撃力を即座に戻せる希少なモンスター。
自身の効果による特殊召喚は難しくなるが、ローズ・トークンを消滅させつつステータスを戻せるので相性は良い。
他には、《ゼータ・レティキュラント》や《ゼロ・フォース》等とのコンボも考えられる。
除外したモンスターのどちらかがバトルフェイズ中に除外された場所を離れていても、もう一方は除外から戻る事ができる。
《異次元からの埋葬》や《大欲な壺》を除外したモンスターに使用すれば除去として機能する。
レベル・属性・種族を含め全てのステータスが《青眼の白龍》と同じであり、カード名や後述の攻撃名も類似している。
《青眼の白龍》を意識してデザインされたと思われる。
WJでは、「エクシーズモンスターの素材を取り除く宇宙最強の恐るべきドラゴン!」と解説されていた。
2011年に開催されたはじめて教室では、このカードのイラストが描かれた下敷きが配布された。

http://yugioh-wiki.net/index.php?%A1%D4%B6%E4%B2%CF%B4%E3%A4%CE%B8%F7%BB%D2%CE%B5%A1%D5

 

個人的評価: 7.3/10