【遊戯王】「デコード・トーカー」リンク先のモンスターの数だけ攻撃力を自己強化する永続効果、リンク先の自分モンスターをリリースする事で自分フィールドのカードを対象とする相手の効果の発動を無効にして破壊する誘発即時効果

 

 

《デコード・トーカー/Decode Talker》
リンク・効果モンスター
リンク3/闇属性/サイバース族/攻2300
【リンクマーカー:上/左下/右下】
効果モンスター2体以上
(1):このカードの攻撃力は、このカードのリンク先のモンスターの数×500アップする。
(2):自分フィールドのカードを対象とする相手の魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、
このカードのリンク先の自分のモンスター1体をリリースして発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

 

 STARTER DECK(2017)で登場した闇属性・サイバース族のリンクモンスター。
 リンク先のモンスターの数だけ攻撃力を自己強化する永続効果、リンク先の自分モンスターをリリースする事で自分フィールドのカードを対象とする相手の効果の発動を無効にして破壊する誘発即時効果を持つ。

 《電影の騎士ガイアセイバー》と同じリンク3だが、こちらはリンク素材に効果モンスター縛りがある。
 そのため《創造の代行者 ヴィーナス》等の通常モンスターを展開するギミックでは《リンク・スパイダー》や《プロキシー・ドラゴン》を経由する必要がある。
 また、《ジェムナイト・パール》等の効果を持たないモンスターも素材に使えない。
 それ以外は特に制約は無いので、《魔界発現世行きデスガイド》などの展開手段のあるデッキならリンク召喚は容易。
 ただしこのカード単体ではバニラ同然のため、このカードのリンク召喚に加えリンク先にもモンスターを展開する必要がある。

 リンクマーカーは上、左下、右下に存在し、効果はいずれもリンク先に関わる。
 メインモンスターゾーンに出す場合、エクストラモンスターゾーンの真下に出し、エクストラモンスターゾーンにモンスターを出さなければ効果は活かせない。
 それでもリンク先は真上の1ヶ所しかないため、効果を最大限に活用するにはエクストラモンスターゾーンに出す必要がある。
 しかし、エクストラモンスターゾーンにリンク召喚する場合、リンクマーカーの一つが相手モンスターゾーンに向くことでエクストラデッキからの特殊召喚を許すことになる。
 一応(1)の効果で攻撃力が上がるが、デメリットが大きく、総合的に扱い難いリンクマーカーの位置だと言えるだろう。

 (1)はリンク先にモンスターが居ることが条件の自己強化。
 最高で3800、自分モンスターのみだとしても3300になる。
 ただ、サイバース族の《リンク・スパイダー》や《プロキシー・ドラゴン》を経由する場合は《エンコード・トーカー》の方が攻撃力を爆発的に上げられる事が多い。

 (2)はリンク先の自分のモンスターをコストに、自分のカードを対象に取るカードの効果を無効にする効果。
 無効効果自体は有用であるが、リンク先が減ることで(1)の効果による強化値が下がってしまう。
 リンク先にエクストラデッキからモンスターを特殊召喚した場合はコストが重くなるが、かと言ってトークンなどをリンク先に置くとエクストラデッキからの特殊召喚を阻害してしまう。
 このように、「エクストラデッキから特殊召喚できる場所を増やす」というリンクマーカーの特性とかみ合っておらず、使う場合は特殊召喚する枠を増やし、無効にする効果は無視する、あるいは牽制用と割り切って使いたい。

 リリースしたモンスターを蘇生する手段があればメインモンスターゾーンにエクストラデッキのモンスターを展開することができ、リンク先を空けやすくなるメリットにできる。
 ペンデュラムモンスターであればリリースしてもペンデュラム召喚でリンク先に再度展開しやすい。
 自身のリンクマーカーでエクストラデッキからペンデュラム召喚できる数を増やせるということもあり、相性は非常に良い。

 このカードを活かすのであれば、やはりエクストラモンスターゾーンに置いて耐性持ちアタッカーとして使うべきだろう。
 リンク先にエクストラデッキからモンスターを特殊召喚する場合は、墓地へ送られた場合に発動する効果を持つモンスターを置くと負担を軽減できる。
 特に【紋章獣】における《No.18 紋章祖プレイン・コート》の様な、少ない手札消費で出せるモンスターとは併用しやすい。
 これらが苦手とする除外・バウンスは対象を取る効果が多く、このカードの(2)の効果が有効に働く事もあるだろう。

 コード・トーカーとして見ると、リンク2の《コード・トーカー》と属性が被っており、《サイバネット・コーデック》との相性があまり良くない。
 また、リンクマーカーの向きの関係上相互リンク・エクストラリンクに繋げにくく、【サイバース族】での重要度は現状さほど高くないと言える。

エクストラモンスターゾーンにある時は、正面に存在する相手モンスターもリンク先の勘定に含むため攻撃力アップに利用できる。
この視点で言えば、《突撃ライノス》に類似点があるともいえる。
《ツインツイスター》のような、複数を対象にするカードも無効にできる。
海外版のこのカードは(2)の効果のコストに「自分の」という指定が無いが、上記の通りリリースできるのは自分のモンスターだけである。
TCGでは「(テキストで特に指定が無い限り)自分のカードしかコストに使えないのは当然」として省略される傾向がある。
闇属性・攻撃力2300・自己強化効果・新ルール移行後の最初の商品のカードナンバー41等、《ジャンク・ウォリアー》との共通点が多い。
意識しているのかは不明だが、アニメにおける「主人公の主力モンスター兼切り込み隊長」という立ち位置も非常に良く似ている。
カード名の由来は英語で暗号の解読を表す「decode(デコード)」と「コードトーカー」(詳細はリンク先を参照)だろう。
また、decodeはコンピューター用語としては目的に合わせ符号化し変換したファイルを復号化する事を指す。

http://yugioh-wiki.net/index.php?%A1%D4%A5%C7%A5%B3%A1%BC%A5%C9%A1%A6%A5%C8%A1%BC%A5%AB%A1%BC%A1%D5

 

個人的評価: 7.2/10