【遊戯王】「マハー・ヴァイロ」自身に装備されている装備カードの数だけ、攻撃力を自己強化する永続効果

 

 

《マハー・ヴァイロ/Maha Vailo》

効果モンスター
星4/光属性/魔法使い族/攻1550/守1400
(1):このカードの攻撃力は、
このカードに装備された装備カードの数×500アップする。

 

 Magic Ruler -魔法の支配者-で登場した光属性・魔法使い族の下級モンスター。
 自身に装備されている装備カードの数だけ、攻撃力を自己強化する永続効果を持つ。

 装備カードを装備することで攻撃力を飛躍的に高めることができ、《デーモンの斧》を1枚装備するだけで攻撃力は《青眼の白龍》を凌駕する。
 ただし、1枚装備しただけでは装備カードの強化値を除くと攻撃力2050であり、デメリットなしの下級アタッカーと大差がないため、なるべく多くのカードを装備して攻撃力を高めた方が良い。
 同様に装備カードを複数装備させる《重装武者-ベン・ケイ》と比較すると、《重装武者-ベン・ケイ》の方が爆発力は大きいが、このカードの方が安定性は高い。

 装備カード自体も《アームズ・ホール》等で簡単に手札に呼び込めるので、【装備ビート】で採用が検討できる。
 発動後に装備カード扱いとなる罠カードでも自己強化できるので、《パワー・フレーム》を装備すれば攻撃してきた相手モンスターの攻撃力を確実に上回ることができる。

 このカードを採用する場合、魔法使い族サポートカードを使用できる点を活かすことになる。
 特に《ガガガシールド》とは相性が良く、複数の装備カードを装備した際の除去によるディスアドバンテージを抑えつつ、攻撃力も増強できる。
 《オネスト》を使用でき、《ワンダー・ワンド》・《ワンショット・ワンド》等の返しのターンに備えられる装備魔法も使用できるため、そのような構築であればこのカードを活かしやすい。

かつては《磁力の指輪》を装備しても攻撃力がプラスマイナス0であるメリットを生かし、《メテオ・ストライク》で貫通能力を付け、その場を制圧するなど、アタッカーとして活躍した。
現在では、ほぼ上位互換の《レアゴールド・アーマー》・《ビッグバン・シュート》が存在する。
しかし、除去も多く、かつての様な制圧は難しいだろう。
最初期からOCGを愛する古参デュエリストには馴染み深いカードだろう。
最初期は「力押し」の環境であり、高い攻撃力を持つ最上級モンスターの多くはレアリティが高く入手しにくかったが、そんな状況下でMagic Ruler -魔法の支配者-でこのカードと《闇の破神剣》等を軽く凌駕する装備魔法が登場した。
同パックの《悪魔のくちづけ》1枚で攻撃力2750になる生け贄不要の下級モンスターであり、レアリティはノーマルとなると当時の子供たちが食いつかないはずが無く、非原作カードではかなりの人気カードとなった。
もちろん、装備魔法が抱えるディスアドバンテージや、《心変わり》・《強奪》によるコントロール奪取の横行、1ターンキル圏内には到達できないこと等から、大会等で使用されることはなかった。
低レアリティでわかりやすい効果から、庶民的で愛着のあるカードであった。
名前が似ているためかDUEL TERMINAL -ヴァイロン降臨!!-で再録された。
「マハーヴァイローチャナ」とは、仏教における大日如来の事である。
この言葉はサンスクリット語で「よく輝くもの」を意味する。

ttp://yugioh-wiki.net/index.php?%A1%D4%A5%DE%A5%CF%A1%BC%A1%A6%A5%F4%A5%A1%A5%A4%A5%ED%A1%D5