【遊戯王】「ドラグニティナイト-トライデント」相手のエクストラデッキのカードを確認し、コストを払った枚数分だけ墓地へ送る起動効果

 

 

《ドラグニティナイト-トライデント》

シンクロ・効果モンスター
星7/風属性/ドラゴン族/攻2400/守1700
ドラゴン族チューナー+チューナー以外の鳥獣族モンスター1体以上
(1):1ターンに1度、自分フィールドのカードを3枚まで墓地へ送って発動できる。
相手のEXデッキを確認し、この効果を発動するために
墓地へ送った枚数分だけカードを選んで墓地へ送る。

 

 DUEL TERMINAL -ジェネクスの進撃!!-で登場した風属性・ドラゴン族のシンクロモンスター。
 相手のエクストラデッキのカードを確認し、コストを払った枚数分だけ墓地へ送る起動効果を持つ。

 双方のシンクロ素材に縛りを設けられている上、レベルも高いためシンクロ召喚の難易度は高め。
 【ドラグニティ】で素材を揃える方法としてもっとも簡単なのは、《ドラグニティ-レギオン》で《ドラグニティ-クーゼ》を装備し、装備された《ドラグニティ-クーゼ》を自身の効果で特殊召喚する方法だろう。
 ドラグニティを用いない場合は《デブリ・ドラゴン》+《クレーンクレーン》または《霞鳥クラウソラス》の組み合わせでも可能。

 相手のエクストラデッキをデッキ破壊できるという珍しい効果を持つ。
 エクストラデッキに入るモンスターはペンデュラムモンスターを除いていずれも蘇生制限があり、エクストラデッキから直接墓地に送ってしまえば再利用はかなり難しい。
 3枚墓地へ送ることができれば相性の悪いシンクロ・エクシーズモンスターや、展開用のリンクモンスターを1~2種類くらいなら駆逐できるだろう。
 特定のエクストラデッキのモンスターに大きく依存するデッキ相手ならば壊滅的な打撃を与えることができる。

 しかし、発動コストのディスアドバンテージが非常に大きい。
 そもそもシンクロ召喚を行うことで、自分フィールド上のモンスターが減るため、この効果を発動させること自体が非常に難しい。
 コストとして送るためチェーン発動ができず、破壊ではないためそれに対応する効果も発動することができない。
 また、トークンやペンデュラムモンスターは墓地へ送ること自体ができないためコストにできない。
 各種ドラグニティの装備カード化ギミックである程度は補えるとはいえ、効果を使えば使うほどディスアドバンテージが生じるのは辛い。
 一応、《トライワイトゾーン》、《素早いアンコウ》などで消費は補えるが、それでも厳しい。

「素材指定が厳しい」「効果の使用にディスアドバンテージを要する」という点では《トライデント・ドラギオン》に似たカードと言える。
だが、通せば勝ちが確定するあちらと異なり、このカードは「その後のデュエルが有利になりやすい」だけである。
厳しい素材指定と大きなディスアドバンテージを負った見返りとしては、いささか軽すぎると言わざるを得ない。
相手のエクストラデッキをピーピングできるカードには、このカード登場以前に《成功確率0%》が存在していた。
だが、あちらはマスタールール移行の際に裁定変更され、ルールとしての確認が可能となったものである。
純粋にカードの効果としてエクストラデッキの確認ができるのはこのカードが初である。
なお《成功確率0%》は後に再度裁定変更が行われ、ピーピング能力が失われている。

http://yugioh-wiki.net/index.php?%A1%D4%A5%C9%A5%E9%A5%B0%A5%CB%A5%C6%A5%A3%A5%CA%A5%A4%A5%C8%A1%DD%A5%C8%A5%E9%A5%A4%A5%C7%A5%F3%A5%C8%A1%D5