【遊戯王】「ディメンション・マジック」魔法使い族が存在する場合に、リリースと手札の魔法使い族の特殊召喚を行った後、モンスターを1体破壊する事もできる一連の効果

 

 

《ディメンション・マジック/Magical Dimension》

速攻魔法
(1):自分フィールドに魔法使い族モンスターが存在する場合、
自分フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをリリースし、手札から魔法使い族モンスター1体を特殊召喚する。
その後、フィールドのモンスター1体を選んで破壊できる。

 

 STRUCTURE DECK-遊戯編- Volume.2で登場した速攻魔法。
 魔法使い族が存在する場合に、リリースと手札の魔法使い族の特殊召喚を行った後、モンスターを1体破壊する事もできる一連の効果を持つ。

 魔法使い族であれば、たとえ最上級モンスターであっても特殊召喚できる。
 しかしこのカードを消費し、モンスター1体をリリースし、相手モンスター1体を破壊するので、カード・アドバンテージの面では1枚のディスアドバンテージとなる。

 発動後のディスアドバンテージ以上に成果をあげるために、フリーチェーンであるメリットを生かしたい。
 例えば、相手の対象をとるカードにチェーンして発動、対象となったモンスターをリリースすれば、サクリファイス・エスケープが成立し2:2交換となる。
 対象をとらないカードでも、《奈落の落とし穴》や《聖なるバリア -ミラーフォース-》などは回避可能である。
 フリーチェーンの除去なので、相手がエクシーズ素材を並べている所を阻害する事も可能。
 手札消費は激しいが、攻撃を終えたモンスターをリリースし後続を特殊召喚すれば大ダメージが狙える。
 シャドールや《墓守の召喚師》をリリースする事でもディスアドバンテージを軽減できる。

 かつては魔法使い族の代表的なサポートカードだったが、現在では《魔導召喚士 テンペル》や《黒魔族復活の棺》などの大型魔法使い族を出しやすいカードも増加しており、このカードを採用する必要は薄れている。
 フリーチェーン除去である点など独自の利点はあるものの、単に特殊召喚を狙うならば安定性の高いカードとはいえない。
 使うならサーチが容易な大型魔法使い族であったり、他のサポートカードに対応しない《氷の女王》などを使う場合か。
 破壊効果はモンスターのコントローラーを問わないので、《氷の女王》を採用する際は自身の破壊も選択肢の1つとして覚えておきたい。
 無理に上級モンスターを狙わず、下級モンスター主体のデッキで使うのも手であろう。
 相手ターンに特殊召喚する事で攻撃に関する制約を軽減できる《トゥーン・ヂェミナイ・エルフ》や、直接攻撃が狙える事で威力の増す《お注射天使リリー》・《霊滅術師 カイクウ》などを使いこなせば、表面的なカード・アドバンテージ以上の威力を発揮する。

効果の流れについて。
自分フィールドに魔法使い族が存在する場合に、リリースするモンスターを対象にとり発動する。
手札に特殊召喚可能な魔法使い族がいること、および自分フィールド上に表側表示の魔法使い族がいることが発動条件となる。
効果処理時、モンスターをリリースする。
このタイミングで魔法使い族がいなくても、選択したモンスターがいれば、そのカードをリリースして処理が続行される。
選択したモンスターが効果処理時に存在しない場合はこのカードの効果は不発となる。
また、儀式魔法と同じ「効果によるリリース」のため、魔法カードの影響を受けないモンスターもリリース不能。
次に手札の魔法使い族を特殊召喚する。
当然特殊召喚モンスターを特殊召喚することはできない。
効果処理時、手札に特殊召喚できる魔法使い族がいない場合はこれ以降の処理を行わない。
最後にモンスターを破壊するか否かを選択する。
破壊を選択しなかった場合、処理終了。
チェーン1でこのカードを発動している場合、直後に特殊召喚成功のタイミングが訪れる。
「特殊召喚に成功したタイミング」なので《奈落の落とし穴》が発動できる。
《ナイトエンド・ソーサラー》等の「時」の任意効果が発動ができる。
破壊を選択した場合、モンスター1体を選んで破壊する。
この破壊効果は効果処理時に破壊するモンスターを選ぶため、対象をとる効果ではない。
《オベリスクの巨神兵》や《無敗将軍 フリード》等も問題なく破壊できる。
裏側守備表示のモンスターや自分のモンスターも破壊できる。
効果処理時に破壊効果を使うかどうか選択するため、効果発動時には「フィールド上のカードを破壊する効果」として扱われない。
このため、《我が身を盾に》や《スターダスト・ドラゴン》、《マテリアルドラゴン》で無効化できない。
このモンスター破壊効果を使用した場合、「特殊召喚に成功したタイミング」が失われるので、このタイミングで発動できる「時」の任意効果はタイミングを逃す。
《奈落の落とし穴》や《激流葬》を発動することはできない。
モンスターでは《ナイトエンド・ソーサラー》など、「時」の任意効果は発動できない。
原作・アニメにおいて―
原作の「バトルシティ編」の「闇遊戯vs闇マリク」戦において遊戯が使用。
原作では以下の効果だった。
場に魔法使い族がいる時、モンスターを2体生贄に捧げ、
手札より魔術師を1ターンのみ特殊召喚できる。
このターン魔術師の連係攻撃によってモンスター1体を破壊する。
3:1交換となり、2体の魔法使い族がいなくては破壊できず、実物と比べると明らかに使いづらさが目立つが、どんなモンスターであっても確実に破壊できる効果を持っていた。
そのため、《ラーの翼神竜》を倒す切り札としてデッキに入れていたのだろう。
神は魔法カードでは破壊できないはずだが、それが可能だったのは連係「攻撃」だった為か、Rで言うところの「上級呪文」だった為だろう。
この効果で特殊召喚された魔術師師弟の連携攻撃により、《ラーの翼神竜》の破壊に成功した。
《ブラック・マジシャン》と《ブラック・マジシャン・ガール》の連携魔法攻撃の技名は、「ブラック・バーニング・マジック」。
原作バトルシティルールでは、モンスターへの直接攻撃系魔法カードは禁止されているはずなのだが、特に何も咎められたりしていない。
このカードの効果で直接ダメージを与えて破壊したのではなく、あくまでも連携攻撃の結果として破壊されたという解釈なのかもしれない。
アニメでは《マジカルディメンション》に名前が変更され、原作の効果から破壊効果がなくなり、モンスター完全破壊効果は、速攻魔法《神々の黄昏ラグナロク》に差し替えられた。
因みに、アニメのバトルシティルールでは上述のルールはないため直接破壊していても問題は無い。
遊戯王Rの最終デュエル「闇遊戯vs夜行」戦でも原作効果で闇遊戯が使用し、《ブラック・マジシャン》師弟の連携攻撃で《獣神機王バルバロスUr》を破壊し決定打となった。
なお、Rでは「連携攻撃」はこのカードの効果によるもので、このカード使用後に《ブラック・マジシャン・ガール》で通常のバトルフェイズを行っている。
第1話はマリクを倒した回想シーンから始まったため、遊戯王Rは《ディメンション・マジック》に始まり《ディメンション・マジック》に終わったとも言える。
劇場版『遊戯王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』の「海馬vs闇遊戯(シミュレーション)」戦でも闇遊戯が使用。
《エルフの聖剣士》をリリースし《ブラック・マジシャン・ガール》を特殊召喚、さらに《カイザー・ブラッド・ヴォルス》を破壊した。
アニメではなく原作のアフターストーリーである本作だが、効果は原作ではなくOCGに準拠していた。

http://yugioh-wiki.net/index.php?%A1%D4%A5%C7%A5%A3%A5%E1%A5%F3%A5%B7%A5%E7%A5%F3%A1%A6%A5%DE%A5%B8%A5%C3%A5%AF%A1%D5