【遊戯王】「ヴァンパイア・ソーサラー」相手によって墓地へ送られた場合にヴァンパイアをサーチする誘発効果、墓地の自身を除外する事でヴァンパイアをリリース無しで召喚可能にする起動効果

 

 

《ヴァンパイア・ソーサラー/Vampire Sorcerer》
効果モンスター
星4/闇属性/アンデット族/攻1500/守1500
(1):このカードが相手によって墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから闇属性の「ヴァンパイア」モンスター1体または「ヴァンパイア」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。
このターンに1度だけ、
自分はレベル5以上の闇属性の「ヴァンパイア」モンスターを召喚する場合に必要なリリースをなくす事ができる。

 

 SHADOW SPECTERSで登場した闇属性・アンデット族の下級モンスター。
 相手によって墓地へ送られた場合にヴァンパイアをサーチする誘発効果、墓地の自身を除外する事でヴァンパイアをリリース無しで召喚可能にする起動効果を持つ。

 (1)は相手によって墓地へ送られる必要はあるものの、タイミングを逃す事がなく、方法も問わないため条件は緩い。
 同名カードを含むモンスターに限らず、魔法・罠カードもサーチできるため【ヴァンパイア】における選択肢は広い。
 素のステータスは平凡だが、《ヴァンパイア帝国》を発動していれば攻撃力2000の下級アタッカーになる。

 サーチカードの常として《ライオウ》には効果を阻害されるが、《ヴァンパイア帝国》があれば殴り倒せるのでそこまで気にならない。
 《ヴァンパイア・シフト》でデッキから《ヴァンパイア帝国》を発動できるので、《テラ・フォーミング》に頼らなくて良い点も見逃せない。

 リリースを無くす(2)の効果はサーチしたモンスターにそのまま使える。
 上級モンスターの多いヴァンパイアにとっては非常にありがたい効果である。
 《ヴァンパイア帝国》等の効果で直接墓地へ置けば、前半の効果は使えないが、召喚サポートとして使用できる。

 なお、(2)の効果自体は手札に上級モンスターがいる・いないに関わらずに発動することが可能。
 考え無しに発動しても旨みは無いが、《星邪の神喰》のトリガーとしたり、《奇跡の発掘》の発動条件を満たしやすくするなどの使い道はある。

最上級モンスターもリリース無しで召喚できる。
しかし、《ヴァンパイアジェネシス》が特殊召喚モンスターであるため、現在対応するヴァンパイアの最上級モンスターはレベル7の《ヴァンプ・オブ・ヴァンパイア》だけである。

http://yugioh-wiki.net/index.php?%A1%D4%A5%F4%A5%A1%A5%F3%A5%D1%A5%A4%A5%A2%A1%A6%A5%BD%A1%BC%A5%B5%A5%E9%A1%BC%A1%D5